伯父が亡くなったときのお坊さんの語り

一か月前にがんの闘病をしていた伯父が亡くなり、お葬式に参列しました。69歳という年齢で若くはありませんが、やはり何とも言えないような気持ちがしていました。

お葬式は実家の方は曹洞宗、伯父の家は浄土真宗でした。お経が歌のように流れていて、一人のお坊さんだけではなく、女性のお坊さんが後ろからお経を唱えることが印象的でした。お焼香は一回だけと決まっていて、それも初めて知りました。

伯父は独身で小さい頃から遊びに行く機会はあったのですが、不器用な性格で多くを語らず、あまりどういう人がということを知る機会がありませんでした。

しかし私に子どもが産まれてからは頻繁に会いに来てくれ、すぐに帰ってしまうのですが、気にかけてくれていることは感謝していました。

そんな伯父のお葬式に参列して、嬉しかったことはホールにたくさんの人が来てくれていたことでした。普段の生活を知りませんし、闘病してからは妹である母が通っているぐらいだと思っていたので、それだけ多くの人と関わりながら暮らしていたことが知れました。

棺桶をしめる時に花を入れながら涙を流してくれている人が大勢いて、本当に伯父のことを大事に思ってくれていた人が多かったのだなと、私も涙を流しながら思いました。お葬式でその人の人生が垣間見えるとよく言われますが、本当にそうだなと実感しました。

お坊さんは古くから伯父の家のお寺さんとしている方で、年齢は80歳ぐらいになる方でした。お葬式の後にお寺にお参りに行き、その時に伯父の人柄、人と比べずに生きていくということ、感謝をしながら生きていくということについて語ってくださいました。

そのお坊さんの話を聞いて、本当に人が亡くなることは悲しいけれども、伯父は伯父なりに精いっぱい生きた、そして私もこれから伯父のことを思い出すことはありながらもしっかりと前を向いて自分の人生を生きていこうという気持ちになれました。

このお坊さんで良かったと思い、辛かった気持ちが少し昇華されたような気持ちになりました。

※この時着た礼服を買ったのはこのサイト⇒礼服レディース

ニキビと暗号

注目

今ハマっていることは暗号の解読!一見わからない文字列でも、解読できるはず・・・。暗号のほかに私を悩ませているのは、ニキビ。誰もが一度は悩んだことのあり肌トラブル「ニキビ」

食生活、睡眠不足、不摂生が原因でなってhしまうこともあるし、生理前などの体調変化でなる人もいるし、思春期のホルモンバランスでニキビができたりなど。原因は様々ですが、ニキビは誰しも避けたいですよね。できにくい肌つくりをする方法、できてしまったときの対処法などあれば知っておくと、少しでもきれいな肌に近づけると思います。

「どんな時にニキビができるかを知ること」

自分がどんな時にニキビが出やすいかを知ることも大事です。ちなみに私の場合はカップラーメンなどの食品添加物が多いものを食べると必ず次の日にはニキビができます。だから、大事な日があるときなどはなるべくカップラーメンなどニキビができやすくなるものは食べないように気を使って避けるようにしています。のようにどんな時にできやすいかを知っておくと避けることができるので便利です。

「生理前や、生理中などのニキビ、思春期のニキビ」

これは体のホルモンバランスの崩れに反応してできるニキビなので、基本的に生理が終わるころになると自然とニキビが落ち着いてきます。ホルモンバランスが崩れてしまうことによってできるニキビなので少しでもホルモンバランスの崩れを抑えてあげると、ニキビは予防できます。普段と生理前だと顔の皮脂量が違うので、生理前だけはいつもより洗顔をまめにするなどするとして過剰に分泌された皮脂を洗い流してニキビ予防をしてあげてください。

思春期ニキビも同様です。思春期になるにつれ体の中のホルモンが増えることでニキビができやすくなります。洗顔、保湿をこまめにおこなうことで少しでも防ぐことができます。

そして1番の予防となるのは規則正しい生活を心がけることです。無理をしてしまえば負担は体にも肌にも表れてしまうので、少しでも体を労わってあげることが大切です。

「もしニキビができてしまったら」

つぶすことは絶対にしないでください。跡になりやすくなり、炎症もおこしてしまうのでお勧めできません。炎症をおこしている赤い痛いが伴うニキビには消炎剤などのニキビ用の軟膏がおすすめです。そしてしっかりと洗顔をしたあとに保湿をすることが少しでも早くニキビを治す秘訣です。
ニキビがあるときはさっぱりとした化粧水が良いと思いがちですが、意外に乾燥しているとニキビは悪化しやすくなってしまうので、しっかりとした保湿が重要なのです。

しっかりとした知識を身に着けてニキビができにくい肌、きれいな肌を目指しましょう!!